2020年04月14日

最早酒を飲むしかないのよ

E6911F43-02E7-4DE2-923E-54732520B0D0.jpeg
今回キシリカとエリナリーゼという二大髪の作画コストヤバキャラを描いてたので(なんで1話に両方描いてたんでしょうね)割と死ぬかと思ったがなんとか致命傷で生き延びたわ。延びてるのか?
常日頃からこもってるとは言えまあ更に気をつけてこもっていなくてはなとつとめていたわけですがSexyZone…現状…春ツアー全公演延期及び中止…! 流石に!流石にこれは凹む!いや予想はついていたが、ついていたからと言ってノーダメではいられないのだ…というわけで今は泣きながら酒を煽っている 早い段階で中止の連絡くれるのは大変ありがたい話ですし5月末までの公演中止の判断はまったくもって理性的で正しくあるので、あとはもうこちらの精神でけりをつけるだけなので…はい
自分もライブを見たいしこないだの配信見てて思ったけどケンティーがオタクのキャーなしで歌って踊るの見るの寂しいわ…ケンティーに限った話ではなく最近のSexyZoneのライブってオタクのキャーを前提に組まれてるからキャー言いてえわ
家こもにつとめてライブに行ける日を心待ちにしますわよ(ライブに行ける日を心待ちにするインターネットお嬢様)

ああそれで先週発売されてたKAT-TUNのIGNITE公演の円盤が届いたので景気付けに見たのよ
KAT-TUNのライブと言えば火!火薬!水!特効!で今回また開幕特効で耐熱ぽい服までつけてるしソロ曲は鉄パイプ暴力で始まるし客に長いガチ恋口上要求して唱えさせるしKAT-TUN自体のパフォーマンスも客に要求するパフォーマンスもやけに鋭角で面白すぎたな。
でもなんか見終わる頃には妙に感動してた… KAT-TUN好きな人にKAT-TUN真面目で客の求める海賊を追求した結果ああなってるって聞いてたんだけど改めてなんかそれを実感してほんとに真面目に客とのコミュニケーションを大切にしてるんだな…って感心してしまった。
すげえもうとめどない特効の乱舞で永遠に火炎が放射されてるしバックダンサーのJr.も一斗缶でセット殴ってテンポ刻んでる(やばい)しでもそれが客との熱意を共有するための共通言語として成立しててかつ乱打してるんじゃなくて言語としてつかいこなしてるのがすごい!ライブにおけるコミュニケーションとしての暴力を洗練させてる。この一年くらいで結構色んなグループのライブ円盤見たけど見た中だとKAT-TUNが火と空間の使い方頭一つ抜けてるなって思ったんだよなー火薬と噴水4人目のメンバーやんみたいな…
何度見てもなんやこれって思うのが上田くんのソロでの毎公演客を一人ステージにあげての上田くんvs客のラップバトル(やばい)なんだけどこれ毎回やるの相当客を信頼してないと無理でしょって思うんだよなーチャレンジングすぎでしょ。特にジャニーズのライブって結構客席とステージが分離されてるなって思うし…その前に見た他のグループのライブが配信されてた嵐のUntitledだったせいもあるけど、これはどっちがいいとか言う話ではなく嵐は客層広いから前勉とかがいらない一律で同じ客のふるまいできる自動制御ペンラつかうの合理的だしKAT-TUNが長年ついてきてるファン信頼してガチ恋口上とかラップバトルで参加型エンターテイメントにしてくるのも双方向に度胸があってすごい。
そんな感じでKAT-TUNとお客の信頼ライブだ!!て思って散々火薬の乱舞で流石の暴力や!!!!!ってフィーバーしたあとなのに妙に感動してしまった。いや〜KAT-TUNほんとにライブ円盤しか見てないのだが好きだな 10ksと今回のしか見てないからCASTも買おうかな
posted by 野際かえで at 23:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。